2010年07月07日

es

郡上からの帰り道、
最後のトンネルを抜けると、
パァッと空が広がる。

高速を走らせてると、
まるで、空へ飛んでいけそうな感じ。
どこまでも。



愛とはつまり幻想なんだよと
言い切っちまった方がラクになれるかもなんてね


  求めても求めても得られない、
  ほんとに苦しくって、
  愛なんて存在しないんだと思ったほうが、
  ラクだって思ってた。

甘えや嫉妬やずるさを抱えながら誰もが生きてる
それでも人が好きだよ


  そう、それでも好きなんだよね。

あなたを愛してる


【es】〜Theme of es
学生時代にリリースされた曲。
その当時はesがどういう意味なんだか、
全くわからなかった。
「何が起きても変じゃない」とか、
「栄冠も成功も地位も名誉も、たいしてさ意味ないじゃん」
という歌詞に、
なんだか、変に勇気づけられた。

専門学校のときの心理学の講義で、
esが心理学用語だと知る。
すぐこの曲と結びついた。
知識として分かったつもりになっていた。

久し振りにこの曲を聞いて、
今なら、なんとなくesの意味するところが分かる気がする。
ことばでうまく説明できないけれど。
でも、
改めてフロイトの心的3層構造を復習してみたけど、
es-ego-superegoの説明はいまいち分からない。

そういうものなのかも。
知識なんて。


今ここにいる自分をきっと誰もが信じてたいのさ
過ぎた日々に別れ告げて君は歩き出す
何が起きても変じゃないそんな時代さ覚悟はできてる
喜びにふれたくて明日へ僕を走らせてくれ

僕の中にあるes



posted by sammy at 11:21| Comment(2) | かんどうもの…おんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sammyさん こんばんは。
この曲大好きでした。
esってそういう意味だったのね。
今初めて知ったー!!

歌詞が、今読んでもぴったり来ます、この時代に。
Posted by azukki at 2010年07月11日 20:29
azukkiさん、こんにちは。
そう、なんか今、これからの時代だからこそ、
この歌詞がぴったりな気がする。

自分の中にある【es】
大切にしたいですね。
Posted by sammy at 2010年07月12日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。