2010年04月26日

山菜・野草トレッキング

春の里山はとってもカラフル。

見上げればやまざくらや八重桜、
DSC06400.JPG

民家の庭や田んぼの土手にはシバザクラやスイセン。
DSC06398.JPG

若芽が芽吹いて新緑が鮮やか。

そんな中、農と暮らしの学校の、
山菜・野草トレッキング。




今回は2日続けての同じ講座。
びっくりしたのが、
2日目の朝。

八重桜が一斉にぶわっと花開いているし、
山の落葉樹から新芽がぶわっと出ていて、
前日と山の色が全然違ってた。

たった一日で、雰囲気が変わるなんて。

お天気はとてもよかったのだけど、
やはり風が冷たくちょっと寒かった。

民宿の女将さんの案内で、
山菜・野草トレッキング。

ヨモギやスギナはもちろん、
ハルジョオン
カンゾウ
アザミ
タンポポ
ヒメオドキコソウ
フキ
ノビル
ワサビ
アケビ
カキドオシ
コウゾリナ
ゼンマイ
ニリンソウ
ハコベ
ナズナ
ユキノシタ
カラスノエンドウ
クレソン
ミツバ
などなど・・・

名前と草が一致すると面白くて、
あっちにも、こっちにも、と
楽しくなってくる。

そして、洗って天ぷらに。
正直、味のよく分からないものもあったけど、
今みんなで採ってきたものを、
揚げたてで食べられるのは、
ものすごく贅沢なことだ。

午後からは、採ってきた山菜を使って、
ピザを作り
ドラム缶オーブンで焼く。

まずは薪割り。
sammyも一日目にやらせてもらったのだが、
はじめは斧を振り上げるのが、
おっかなくって、
斧が薪に斜めに当たってしまったり、
何度もやっていると、
斧の重さでヘロヘロになってくる。
いろいろアドバイスをもらって、
斧が薪に入るようになって、
パッカーンときれいに割れた!!

コツをつかむと、面白い。
気持ちいい。

ピザもスタッフが前日に仕込んだ生地に、
トマトソースと具をのせて、
山菜、チーズもたっぷりと。
それをドラム缶オーブンで焼く。

ドラム缶ピザの美味しさは
うわさには聞いていたけど、
そのとおり。
外側パリパリ、中がふんわりで、
めちゃめちゃ美味しい。
意外にも、チーズと山菜のほろ苦さが合う。


みんなが帰って、
撤収してくるときの帰り道。
車の中から、
芽吹いたばかりの山が、
夕日に照らされて、
なんともいえない、
とてもとても美しい茜色に染まってた。

posted by sammy at 06:57| Comment(0) | のうくら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。