2009年11月01日

岩戸の塩

うれしいいただきもの。
友達がくれた。
「岩戸の塩」

伊勢の二見浦で作られた、
伊勢神宮に奉納するための「御塩」。
五十鈴川の淡水と混じった海水を満月の満ち潮の時に採取し、
平釜で丹念に炊き上げる。
まさに、自然海塩。

DSC05550.JPG
やさしいクリーム色をした御塩
なんだか、癒される。



その昔、天照大神が諸国を旅するときお供した倭姫命に、
堅塩を献上した神話が二見での製塩のいわれとされているそう。


なぜ、sammyにこの御塩をプレゼントしてくれたのか?
友達の直感。
sammyが二見岩から海を眺めているイメージが浮かぶとのこと。
しかも誰かと二人で。


さらに、
先の神話で、堅塩を献上したのが、
佐見都日女命
さみつひめのみこと

あはは。


◇◇◇◇◇
岩戸の塩について
http://www15.ocn.ne.jp/~iwatokan/salt.html

【関連する記事】
posted by sammy at 20:17| Comment(0) | いただきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。