2010年07月09日

おばあちゃんの命日

七夕の笹飾りを見ると思い出す。

「元気になりますように」
とってもきれいな字で書かれた短冊が、
棺に納められる。

父方の祖母が亡くなったのは、
小学校1年生の時。
幼稚園の時には入院していたから、
あまり祖母との思い出は残ってないし、
どんな祖母だったのか知らない。

けれど、父は折に触れ、
「おばあちゃんに似ている」という。
何が似ているのか分からないけど。

もしも願いが叶うのなら、
おばあちゃんに会いたい。
おとなになったsammyとどんな話ができるのかな。
教えてもらいたいこともたくさんある。


でもね、
きっといつも見守っていてくれるんだ。
sammyは分からないけど、
実際に私の背後に丸顔のやさしいおばあちゃんがいるよ、
と「見える」人には見えるらしい。

時々、父が私の作った料理を、
「懐かしい味がする」という。
昔おばあちゃんが作ってくれた味なんだと。
おばあちゃんが力を貸してくれてるんだね、きっと。

ありがとう。
これからも頑張るから、見守っていてね。
posted by sammy at 10:17| Comment(0) | あたまんなか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。